注文住宅の外観や間取りをデザインしてみよう!

注文住宅の外観をデザインする際の注意点

世界に一軒だけの理想の注文住宅の外観は、大切な我が家の第一印象に直結する、家族のこだわりが色濃く反映されるポイントです。家族全員でいろいろなアイデアを出し合い、業者側から提案されるアドバイスにも耳を傾け、理想のデザインを決定する手順が大切です。もちろん既成概念にとらわれない自由な発想で構いませんが、以下の注意点を無視して個性ばかりを追求すると、後々の後悔につながるリスクが懸念されます。 まずは周囲の景観とのマッチングです。これを無視して奇抜なデザインや配色の注文住宅を建てることは、仮に合法的な建築であったとしても、好ましい行為とは言えません。隣接する建物の日照権への配慮も含め、近隣の居住者との円滑な人間関係の妨げとなるような外観の住宅建設は、快適生活そのものを遠ざけてしまい兼ねません。

生活動線重視の設計を

不特定多数の家族に受け入れられる、標準的な間取りではなく、遊び心満載の個性的な間取りを具現化できるのも、注文住宅の醍醐味と言えるでしょう。ですが家族でさまざまなアイデアを交換する中、気づかぬうちにテーマパークのパビリオンや仕掛け部屋のような、複雑な間取りとなってしまうケースも少なくありません。

ここでお薦めしたいのが、生活動線の確保を視野に入れた間取りの構築です。食事や洗濯物などを最小限の距離で無理なく運ぶことができる空間を、十分に確保した居住性が望まれます。注文住宅は家族にとって一番の安らぎの居住空間であることを踏まえ、間取りの検討に際しては、個性や遊び心の追求に走り過ぎない姿勢が望まれます。

© Copyright Build An Ideal Home. All Rights Reserved.