注文住宅にはデメリットもある

イメージと異なるリスク

施主の希望やアイデアを形にした、世界に一軒だけのマイホームを希望する多くの方々にとって、注文住宅はベストな選択肢と言えるでしょう。ですが独自のメリットと背中合わせのデメリットを見過ごしてはならず、発注に際しては双方を正しく理解しておく必要があります。 注文住宅はイメージから設計図を作成し、それに基づいて三次元の住宅を建設する工程で完成します。建売住宅とは違い、完成した状態の内覧ができず、頭の中で描いていたイメージと完成した我が家の印象が、時に大きく異なってしまう事例も報告されています。とりわけ施主側の期待感が膨らみ過ぎてしまった場合、思い込みからトラブルに進展してしまう事例も伝えられており、注意が必要です。注文住宅の発注に際しては、安易な妥協こそ不要ですが、施主側がある程度歩み寄る姿勢が求められます。

ライフステージの変化に伴うリスク

細部にこだわった注文住宅のデメリットとして、完成後にリフォームの必要に迫られるケースが見過せません。たとえば発注時に幼かった我が子が成長し、子ども向けの可愛らしい内装を施した部屋に違和感が生じてしまった事例は数え切れません。中長期的な家族の年齢や生活形態の変化を視野に入れず、発注時の家族だけに視線を合わせた結果、後になってミスマッチ感が大きくなってしまうのも、注文住宅の特徴のひとつです。 また何らかの事情で売却する場合、細部へのこだわりが不特定多数の購入希望者に受け入れられず、現金化が難しくなる傾向も見過ごせません。生活動線を犠牲にした個性的な間取りなど、居住性が二の次となっている住宅の場合、この傾向はとりわけ顕著であり、注意が必要です。

© Copyright Build An Ideal Home. All Rights Reserved.